カミソリでムダ毛処理

数百円で購入できて、ムダ毛が気になった時にすぐ剃ることができるカミソリ。自己処理の中でも人気のある方法だと思いますが、「皮膚に悪い」といわれることもあります。確かに、カミソリは肌に直接刃をあてて沿っていくので、どうしても毛と一緒に角質を削ってしまいます。

 

カミソリ負けという言葉がありますが、あれはカミソリで皮膚の表層の角質を削ってしまったことによって、肌が自分で持っている保護機能が失われ、赤くなったりブツブツができたりした状態を表しています。となるとやむをえず自己処理をする場合でも、カミソリは避けたほうがいいのでは?と思うかもしれませんが、肌表面の保護さえきちんとできれば、毛抜きや除毛クリームよりはカミソリのほうが安全といえなくもないのです。

 

毛を無理矢理引き抜く時にも一緒に周りの角質をはがしてしまいますし、除毛クリームは毛を溶かすだけでなく肌の表面の細胞も溶かしてしまいます。カミソリを使う前にワセリンなどで肌を保護し、剃った後も保湿ケアをしっかり行えば、毛抜きや除毛クリームより肌のダメージを抑えることも可能です。ただ毎日のように処理していたり、不清潔なカミソリを使っていたりすれば当然リスクは増すので注意しましょう。