脱毛サロンと医療脱毛の違いって?

脱毛サロンと医療脱毛の違い

脱毛のために通う場所の選択肢は2つ、「脱毛サロン」か「医療脱毛」です。この2つの違いは、まず医療脱毛は医療機関、つまり医師が常駐している美容皮膚科や美容外科などで、医師の診察を受けた上で「保険適用外の治療」として脱毛をする、ということです。

 

脱毛サロンの場合にはエステティシャンが行います。万が一の時のために提携の医療機関を設定しているサロンも多いですが、医師が常にいるサロンは稀です。また、使っている機器にも違いがあります。

 

脱毛サロンでは、フラッシュ脱毛に代表されるように、安全性が高い分、パワーも若干弱めになる脱毛機器しか使うことができませんが、医療脱毛では、医療用の高いエネルギー出力が可能なレーザー機器を使うことが可能です。ただその分費用も高めになるのが普通で、初回キャンペーン等のお得さも脱毛サロンに比べるとあまりありません。

 

また、大手の脱毛サロンは全国各地に支店があることも珍しくないですが、医療機関の場合には基本的にはそこだけ、いくつか同系列の病院がある場合でも地域は偏っていることが多いので、引っ越しの際にサロンも一緒に引っ越すような融通は効きにくいです。このようにどちらも一長一短がありますので、自分の予算やスケジュールにあわせて選んでみるといいのではないでしょうか。